ETW Story

EdTechWomen (ETW) は米国ニューヨークで2人の女性によって発足されました。

教育テクノロジー分野で働く女性とサポーターたちがリーダーシップを発揮し世の中へインパクトを最大化できるようなネットワークを創るという理念の元、当初は少人数規模でスタートしました。

2013年、SXSWedu という全米最大規模の教育テクノロジーコンファレンスでETW初の全米規模の集会イベントが企画され、2015年には”Change Maker of the Year”を受賞。翌年2016年にETWはあらゆる都市でチャプター設立を可能とするOpen Chapters のグローバル組織となることを発表。現在では全米16都市規模でローカル支部が設立され、各都市ローカル単位で活動が展開されています。

ISTE2016 01 (1).jpg
2016年ISTE教育テクノロジーコンファランスにて。ETW全米メンバーと。(左3列目:ETW Tokyo 橋本智恵、右2列目 ETW Tokyo 竹村詠美)

 

 

 

ETW Tokyo Story

img_6355_fotor2
ETW Tokyo Kick-Off Meeting 立ち上げメンバーと。

ETW TokyoはETW初の海外チャプターとして2016年8月に有志メンバーによって設立されました。ETW Tokyoでは近年急速に進化していく日本の教育テクノロジー分野で働く女性のリーダーシップ支援を通し、日本の中で新しい教育を模索するムーブメント牽引していくことをビジョンとします。

dsc03178

近年急速に進化していく日本の教育テクノロジー業界で、新しい教育を模索する多業種間で本質的、自由なアイディアが交換され、男女問わず個人がプロとしてリーダーシップを発揮できるような環境づくりをしていきます。それを通し、ETWは、日本の教育テクノロジー分野がより活発になり、新しい教育を模索するムーブメントが加速することを目指します。

  • 教育テクノロジー領域プロフェッショナルたちが所属組織だけでなく多職種の分野で交流、自由なアイディアの本質を交換する場を創り出す。
  • 未来の教育を議論する場に男女関わらずあらゆる個人のプロフェッショナルがリーダーシップを発揮し参画できることを目指すため、女性を中心としたネットワークを創り出す。

教育テクノロジー業界が、多業種間での連携が高まり、男女問わず誰もがリーダーシップを発揮できるフィールドで、複雑な将来と向き合うために、多様なアイディアを交換していく土壌を持つ。そんな業界に成長していけたら、きっと日本の未来の教育は良くなっていくのではと願っています。

米国のETWのコミュニティのように多様な職種、世代、バックグラウンドを持ったプロフェッショナル女性たちがフラットに意見交換をし強固なネットワークを創り出せる場作りを目指します。

女性たちの声 (Voice) をもっと広めていく活動を通して、ETWはそのように業界に貢献していきます。

広告